« 町長選の結果 | トップページ | »

2009年2月 3日 (火)

子どもに福は内

Hanaho 立春、しかしドングリオバァにはまだまだ寒さが身にしむ今日この頃かなだな。ネコたちは元気だな。しょっちゅうお腹すかしてニャニャ言っている。

今日は豆まき、子どもの頃は鬼の面と福の面を作って夜になってめんをかぶり福は内鬼は外と声張り上げて豆をまいた思い出がある。豆は親が煎ってくれてあった。子どもの頃の暖かい家庭の温もりの記憶は父も母もいなくなった今では宝物になっている。

先日友人の招きでご馳走に成ったときの会話でいまの社会の人の心の荒廃に及んだ時一番根本に家庭が大事なんじゃないか、いかに親が子どもにきちんと教えられるかではないかと言う話がでた。そう子どもにっとって家は心の拠り所として最も大事な位置にあると思う。でも子どもの全成長にとって大きく言って、家庭、学校、地域、の連携でありベースに地方、国の民主主義に基づいた充実した教育福祉医療制度がしっかり機能しているかにあると思う。

今の日本の国が進めている教育は競争原理、金儲けの教育産業優先。一斉学力テストをやって子ども差別やって学校先生のランクづけやって、地域差別もやろう、高い参考書を売り、テストの順番を公表しようって息巻いている大阪のばかがいるけど。じゃあ100歩譲って分からない子どもには理解出来るまで教えるのかって、ほっぽらかしだろう。格差社会で貧乏人が貧乏のままと同じ。

いままいにち赤旗新聞で子どもと「貧困」を掲載している。読むと切なくなるし怒りがわいてくる。

|

« 町長選の結果 | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529294/43943318

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもに福は内:

« 町長選の結果 | トップページ | »