« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

睦沢土のはじめての窯焚き

今日の赤旗新聞の一面見て驚いた。資本金10億円以上製造業大企業はバブル期の倍近く溜め込んでいる、トヨタの余剰利益金は正社員一万人の年収の220年分を超えている、と報じている。

民主党に政権がかわって100日経った。変わったからてすぐ庶民の生活に影響が現れるわけじゃないくらいは理解してもこの国の根幹を支える働く国民労働者農民漁民庶民を大事にする、大企業、大資産家優遇し格差拡大する政治じゃない政治をやってほしい。とるべきところから取らないで、本当に無駄なところをきらないで国の予算が足りない借金が足りないと言って、いずれ消費税をと新聞やテレビに出てくる評論家やコメンテイターはいう。おかしいんじゃない。

でもどのテレビも新聞もコマーシャルで成り立っているんだよね。NHKtVは体制拠り。本当のこと書くわけないよ。勇気ある発言を期待するほうがむりだ。頼りは赤旗だけかな。

                         cat

睦沢土の小鉢、湯のみ昨日窯焚きして今朝窯だし。今回睦沢土のはじめての窯焚きになる。わら釉薬をかけての焼きは還元で灰緑ぽくなかなか渋めの焼き味。

                                   0912

           (窯だし 上段水いれは信楽土)

 Photo

                (睦沢土で焼いた楕円鉢と湯のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

今日今年最後の日曜日 正月の準備かお餅つきや掃除だってり家々それぞれなんとなくいつもよりはパタパタ忙しそう。

                         Cocolog_oekaki_2009_12_27_20_43  

                      (  イラスト トラ毛の招き猫  )

わが工房のある部落は毎年1月一日に新年会をやる。正月早々に部落の面々が集会所に集まる。正月早々いい加減にしてくれ・・ということについてはまたにして、今年は葬式が多くてやめんべということになったらしい。中止の至急回覧が回ってきた。でも今までもけっこう葬式多かったことあったようだけど新年会を中止したこと一度もなかった。役員が最近世代交代して息子とか婿さんに変わってきたことと関係あるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

安くておいしい鰯、今が旬

Photo_2 ジョウビタキ  フォト サイトウノブオ)

昨日のニュースで99里浜海岸にいわしが(片口いわしか背黒いわしか分からない)大量に砂浜に打ち上げられ死んでいたと報じられた。なぜだか分からないがもったいない話。我が工房では背黒いわしを2キロ3キロと買ってきては丸干しにしている。ネコおやじとドングリオバァで3匹あるいは4匹ずつ炭火で焼いて毎朝のおかずにしている。安くておいしい。今日も夕方出かける用事があったのでついでに魚屋によって2キロ買ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

テレビを消して静かな時間

             

テレビを消して静かな時間をすごしている。最近のテレビ番組はやたらうるさいし内容もないよだ。チデジでどんなに画像がきれいにと言われても今の状態ならいらない。最近どのチャンネル回しても同じで消してしまうことが多くなった。けさも消す。                  Cocolog_oekaki_2009_12_25_12_45

    ( 鳩山家のクリスマス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

朝一のお茶

わが工房の土で焼いた湯のみで朝一のお茶を飲み、つくづく器を見る。

何万年経ったのか分からないけれど土を掘って焼いてお茶を飲む。弥生時代やあるいは縄文時代の人たちも同じことやっていたことを考えるとそう大して時代は基本的には変わってないな・・と思う。

まあしかしわが工房の看板「むらく工房」を来年は変名するか、じゃなきゃ付け足すか。ネコおやじの言うことニャ千葉県でどこかの土と混ぜて焼いているところはぼちぼちあるけれど自前の土100パーセントで焼いている窯はないという。なら全国版になるかな???来年の夢。

お茶を飲みながら考える

鳩山首相の政治資金虚偽記載についての弁明記者会見。企業や団体からの見返り頂戴献金と違うけれどごまかしはたとえ自分が知らなかったからと言っても知らなかった罪ってあるんじゃない。知らなくちゃいけない立場に彼はいたわけだし・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

泥状粘土の水抜き作業とロクロで試作

Photo_2

(水分が凍った泥状粘土)

水分が凍って表面にあがってきた状態。

日中日が差し温度が上がってくると解けるので水が流れるように板を幾らか傾けておく。

ただしこの作業は天候に注意が必要。

       cat

Photo_3

(水分が抜けた粘土をまとめる)

水分は解けて流れるが板にも幾分吸われた粘土はその日のうちにまとめることができる

                      cat

(ロクロ回し)

幾分水気が多いがロクロ成形なら充分使用可能。(ちなみにこのケロクロはネコおやじの手作り)

Photo_4

           cat

Photo_6

(ロクロ引き 花いれ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

どろ状の粘土を板にのせ一晩凍らせて水分を抜く作業にはうってつけの冷え込み

今日は冬至。

夕べは冷え込みがこれまでで一番だったんじゃないかな。外水道も裏の池も凍った。

房総は温暖の地。でも今の時季この地でも干し柿、切干大根を作る家は結構多い。我が工房ではこの冷え込みを利用して水分たっぷりのどろ状粘土の水抜き作業の時季。

水簸(すいひ)でどろ状の粘土を板にのせ一晩凍らせて日中氷が解けて流れる自然の力を借りての水分を抜く作業にはうってつけの冷え込みではある。

ネコのクロスケは日が落ちて気温がぐんぐん下がり始めたころニャンときてストーブのそばで陽が落ちるまで寝息をたてて寝ていた。・・・・

             Cocolog_oekaki_2009_12_22_12_38 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

お日様ぽかぽか

今11時過ぎ。お日様ポッカポッカ。ネコたちも陽だまりを見つけPhoto てのんびりと時間を過ごし

(信楽壷にのって日向ぼっこのトラスケ。フォト・サイトウ)

ている。

トラスケの秘密・・まだトラおっかさんのオッパイのんでいます。夕べ目撃

ネコおやじはテスト結果を見て新たに採掘した粘土だけでの窯焚きのための作品作りに取り掛かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

今日は町の議会。傍聴する。傍聴席は議場より上段にあるせいか暖房がよくきいて厚すぎて睡眠不測の私はついウトウト。Photo

(杉の年輪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

窯開け。テスト土の焼成結果

午前中町議の市原さんぶらりと立ち寄る。4,5日前心配そうに話していたお孫さんが泣くと顔が紫色に変わるから心配で病院に見てもらっているという話、どういう結果なのか聞いてみた。元気よく泣くとき息継ぎがまだうまくいっていないからで心臓はまるっきり異常なしなんだそうだ。めでたし。でこれからお宮参りだとかで帰っていった。

Photo

(裏の畑から出土。弥生式土器のかけら。祖父収集)

わが工房のある睦沢町下之郷は古くから集落があった土なんだそうだ。で弥生式土器が出土する。縄文土器は出ないらしい(が7,8メートル離れた小さい山から出土した縄文のある小片が祖父の収集品にあるが)といわれている。

庭から採掘した粘土を彼らも使っていたのだろうか・・・何千年の歴史を頭の中に思い起こしてみる。

catcat

昨日の窯焚きでよる8時ごろ火を止めたけれど今日昼過ぎても温度が下がらない。

catcat

午後3時窯開け。

(下之郷土で焼いたぐい飲み2点、手前縄文小片と弥生土器を同窯で焼成)

Photo_3

テスト作品を出してみて焼け具合を見る。これまで使っていた信楽土の赤土ものと比較してほとんど変わらないようだ。下之郷土100パーセントにモミ灰使用の透明釉薬とひだすき

下之郷土100に信楽並土2たい1。焼成温度1230度、ぜーゲル7番完倒。

それと縄文土器と弥生土器の破片を同じ窯で1230度で焼いてみると耐火性があり高温に耐えられるのだ。イヤー驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

冬本番なのか、今日も寒い。昨日の窯焚きは窯の湿気がひどく湿気を取るための窯焚きに終わったので今日が本番。

今日は弟ベルギーより帰ってきた。チョコのお土産もって。ベルギーでのアートフェステイバルに絵を出品。しかし売れなかったと言っていた。まあ来年はどこかの画廊のグループ展に出品する話が出来たんだと言っていた。それが救いだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

Photo

(柿の木)   フォト サイトウ

今朝は冷え込んだ。寒い。パソコンに向かっていると足元が冷えて集中できない。でペットボトル湯たんぽでポカポカ。この湯たん良い。今季1週間前から夜布団に入れて愛用しだした。

いま温暖化対策として国だけにとどまらず一人一人の問題・・・って言われる昨今。我が家では節電節ガス節灯油生活。料理、お湯、風呂、暖房を薪ストーブと七輪薪き釜でやっている。田舎生活でなきゃできない。

けさ7時に窯炊き始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

ぼやき

天気予報に雨ふるなんていってなかったのに昨日夜から今朝方まで降っていた。例年なら

工房を訪れる野鳥          フォト サイトウPhoto

今ごろは乾燥期でお肌カサカサ手にひび割れが始まるころなんだけど。やっぱり気候変

動温暖化かな。ゆべも珍しい大根を持ってきてくれた友人とその話になった、オバマもアフガンに増派どころじゃあるまい(彼には失望した)地球をどうするんだ。世界のリーダーは本気になってほしい。自国の利益とか先進国にどうの発展途上国だからどうのいろいろ言いたいことそれぞれにあろうけれど地球がだめになったらそんなこと何の意味なくなるんだよ。それともそうなっても自分だけは生き残ろうてのかな。

ネコおやじは昨日は朝から釉かけと窯詰め作業。後どのくらいか分からないが今日も窯詰め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

掘った粘土でろくろまわし

今ネコおやじは掘った粘土でろくろを回してテスト作りをしている。Photo_2 なかなかひきやすいといっている。

他の粘土を混ぜるのもテストもとまずは信楽並を2対1の割合で混ぜる。まことに伸びやかにひきやすかったそうだ。まあそうだからといって焼きが果たしてどうなのかは焼いてみなくては分からん。

庭の落ち葉も落ちるのは落ちた。後ははき集めて畑に運ぶだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

粘土採掘

4(採掘作業)

鉄分のある赤みの土でいくらか細やかではあるがザックリとしてもいるようだ

Photo (漉し作業)

水を加えて攪拌して泥状にして漉す作業風景。

採掘、漉す仕事と肉体労働、まあ久々に体を動かして鈍った体にはいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

庭から粘土が出た 2

3 2 上(周りからしみでた水を飲みにいく(クロスケ)

下(採掘した粘土と試作)

初日に採掘した粘土。板の上の右端2点は七輪で焼いたもので1000度未満900度はいっている.たたくといくらか金属音画する。他は轆轤引きの小花器と器その左はネコ。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

庭から粘土がでてきた!

Photo 1週間前ほど家の周りの水はけ対策として庭を掘り下げていたところなんと粘土が層になって出てきた。ひも状にして二つ折りしても折れ目が割れないしあくもない。使えるのがどのくらいあるのか分からないけれどびっくり。これからいろいろテストしてどんな焼き味、色が出せるのかやって見なきゃわからないけれどほとんど休業状態の暗闇の我が工房に何か光が差してきたみたいな気がしている。猫親父も張り切っているのかきょうも朝から粘土つくりに励んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »