« 4.25普天間基地移設反対集会、9万人 | トップページ | 今年もアオバズクやってきた »

2010年4月29日 (木)

火山灰とジェット機の関係の聞きかじり

いま連休が始まって海外に出かける人も多いけれど、ついこの前のスコットランドの火

山噴火は心配ないのかな。もうおさまって噴火しないのかな。

先日日航を数年前に定年退職した友人が訪ねてくれた折ジェットエンジンの冷却装置

の1部品をポットから取り出してなぜ火山の噴火で飛行機が飛ばなくなるのかを説

明してくれた。

Photo

大勢の人間を乗せて大きな大きな飛行機が空高

く飛ぶことは1みりn2ミリの極々小さな空気穴もと

っても重要な役割があってそこを火山灰や灰の

中の硫黄分を吸い込んで高温のために解けて

  (冷却装置の1部品)      塞いでしまってエンジンがスットップするという

ことでした。

今飛行機は人間だけじゃなく物資も運び世界経済にじゅうような役割を担って

いるからこんどのことは自分の国のことだけに留まらず災害時対策として考え

ることが必要じゃないかな。

                         cat

ドングリオバアは11日から始まる展示会と庭や畑の作業がやまのようにあって

遊ぶ暇なし。

|

« 4.25普天間基地移設反対集会、9万人 | トップページ | 今年もアオバズクやってきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529294/48215468

この記事へのトラックバック一覧です: 火山灰とジェット機の関係の聞きかじり:

« 4.25普天間基地移設反対集会、9万人 | トップページ | 今年もアオバズクやってきた »