« | トップページ | 鳩山さんあんたには失望しました »

2010年5月25日 (火)

クロッキーの敵、アカマムシを捕らえる

sun cat展示会もまあ何とか終了。最低必要経費はでた。このご時世だ。仕方ない

睦沢焼きがまあまあの好評だったのがこれからの希望へつながるかな。

                       cat

展示会終盤に我が家のクロネコクロッキーが突然あの世に行ってしまってネコ

おやじが泣いた。。体を見てみると右手が付け根から大きく腫れていて

指先に極わずかに血が流れた後があった。マムシにかまれたのかも知れない。

確証はなかった。以前大きな青大将と遣り合っていたことがあったけれど

それとマムシの区別をネコは付けられない。同じように向かっていったのだろうか。

われわれは展示会中でクロッキーに元気がないのを余り重要視しなかった。別段

どこがどう傷ついているわけでもはれているわけでもなかったから

まあ風でも引いたかな2日もすれば元気になるだろうなんていってた。2日になっても

直りはしなかったけれど酷くもない様子でももう一日もすればなんて思っていた。

がよる11時過ぎ突然弱々しく泣いてそのまま逝ってしまった。其のときに

なって右腕が酷くはれ上がっているのに初めて気がついたのだ。マムシにかまれても

直ぐには腫れなかったので気がつかなかったのだ。

あまりにも突然でボーゼンとしていた。

クロッキーがよく遊んでいたお気に入りの場所におやじが埋めてやった。また泣いた。

                        cat

 クロッキーが死んで丸2日目の今日昼過ぎに仕事場の入り口に大きなアカマムシが鎌首を

擡げてネコおやじに向かったんだと。いや~肝冷やしたそうだ。でこれがクロッキーを

死なせたに違いないと確信して敵討ちしなくてはといって捕獲作戦を始めた。

どうやって捕まえてのか説明されたけれどどうも良くは分からない。けれどちゃん

と傷も付けずにテットポトルに収まっている。これで敵討ちもできてアカマムシ酒も造れる

と満足顔。テットポトルの中でとらわれのマムシは出口を探している。クロッキーが眠っている

墓にマムシをもって報告したんだと。

                   Photo

                 テットポトルに入ったマムシ

              Photo_2           

                       アカマムシ

                         flag

                         

                        

 

|

« | トップページ | 鳩山さんあんたには失望しました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529294/48455368

この記事へのトラックバック一覧です: クロッキーの敵、アカマムシを捕らえる:

« | トップページ | 鳩山さんあんたには失望しました »