« | トップページ | »

2010年11月26日 (金)

北朝鮮発砲で考えられること

       Photo                                              

                       北朝鮮が何の目絵ぶれもなく突然発砲したのかと最初は思った。でもその後の情報

                      だとその周辺で韓国とアメリカが演習していたんだと。

           北の後継者がその威信を示す何らかの行動をするだろうといわれてきた中での

           米韓の合同演は日本の沖縄の知事選投票目前もにらんでのアメリカの思惑があった

          と猫親父とドングリお婆の見方だが発砲されて反撃したのが13分後とか言うのが変だ。

          何のための演習かと思うがある程度被害をこうむったほうが北への恐怖心を日本に

          あおるのに効果的と考えたんじゃないか。案の定日本に突然北朝鮮が発砲してきた

          らどうしよう、だのやっぱりアメリカに守ってもらわなきゃとか悪いけれど沖縄に基地が

          必要だのという声をテレビ、ラジオで一般からの声といって出し始めている。

          今,日本は武器3原則で原則的には輸出できないようになっているけれど規制を

           緩めて輸出できるようにと管政府は画策しているのと歩調あわせ自民党時代

           以上に危険な方向に向かっている民主党だといわざるをえない。

           民主主義って言うのは一人一人の考え方を重要視する制度だから戦争を商売に

           している人間に乗せられないように一人一人がよーくかんがえなきゃならんのと

           ちがいますか。

           世界の大きな流れは核廃絶、武力でことを処理するのはやめよう、文化交流、

           外交の力で問題解決をという方向に流れが向かっているんだという思いを確実

           にするためにもことの真相をテレビやラジオ、だけの報道やそこら辺の評論家たち

            のコメンを何の疑うこともせず鵜呑みにしただけで判断しないないことだと思う。 

          

           2日後の沖縄県知事選挙に絶対イハさんに勝て欲しい。勝利してこの危険で

           野蛮な企てを砕いて欲しい

|

« | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529294/50135905

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮発砲で考えられること:

« | トップページ | »