« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

3月21日しんぶん赤旗から

3月21日しんぶん赤旗から
  Photo_2
福島の原発の20キロ範囲の町に山の友がいる。ご夫婦とも地震にも津波からも逃れられたということを
3・4日後に知りえてホット胸を撫で下ろした。にもかかわらず原発爆発で避難勧告され3重の被災を被ることになってしまって一体彼らはどういうぅことになってしまうのか心配と怒りで頭にきた。今日東電の清水社長は血圧が上がって入院して変わりに会長が変わって指揮を執るそうだが記者会見をして福島原発1号炉から4号炉は廃炉せざるを得ないと表明。日本列島を囲むように54機もの原発が今稼動している。さらに14機もの原発を計画中なのだ。冗談じゃない。自然災害だけならいずれ経ちなおすこともできる。でも原発は取り返しがつかない事故を起こしかねない。原発は安全だクリーンだと、なにを根拠にしていってきたのか。CO2を出さないというだけじゃないの。放射性ヨウ素とかセシュウムとか怖いプルとニュウムはクリーンなのか。クリーンだという人間はこたえて欲しい。自分の胸に手を当ててよーく考えて欲しい。原爆を落とされた世界で唯一の国の人間として考えて欲しい。また安全ということから言えば絶対に安全と言い切れるものなどないということだけが絶対にいえることでこの地球上どこにも絶対安全などありえないし何事も起こらなかったとしてもたまたまそうであるに過ぎないんで決して安全などありえない。今度の事故は
一部の浅はかと金亡者とが起こしたおろかな事故で多くの日本人と世界の人を不安におとしいれてしまったまだまだいつ終わるのか誰もわからない進行中の事故だということらしい。

          
             
Cocolog_oekaki_2011_03_30_18_31


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

東日本大震災避難生活へのささやかですけれど2,3のアドバイス

 東日本大震災避難生活へのささやかですけれど2,3のアドバイス

暖かい食べ物と歯ブラシと歯磨きこの代用としての灰

ラジオやテレビ等で知るしかないが避難生活であたたかいものが食べたい、お風呂に入りたい、歯を磨く歯ブラシ
ガないなど生活のォあらゆるもので不自由していると言う。
参考になるかどうか分からないが暖かいものとして焼きバナナは良いと思います。支援物資に野菜や果物は腐るからと除かれていたようだけれど、道路網がある程度回復しガソリンが出回ってくれば時間も短縮なるだろうしそういうものが送れるようになるだろうし、今現在そうなっているかどうか分からないけれどバナナは良いと思う。


ホットバナナ これは皮を付けたまま焼く。皮が黒くなったら出来上がり。皮をむいて熱々を食べる。
甘さもまして柔 らかくトロリと美味しい

歯ブラシは枝とかなければ割り箸の先の2センチほどをたたいて繊維をほぐしたものを歯ブラシとして使えます。

は樹を燃やしきった最後に残った白い灰を使います。粉状になったものを指に付けて歯を磨く、または歯ブラシでも使えます。なければ手作りの歯ブラシで。油もので汚れた食器の油を粉状の灰で洗い
ふき取れます。

Photo_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

東日本大震災

東日本大震災からまる2週間が経つ。亡くなった方や行方不明者が2万人以上、
一家全員が波に流されて安否を尋ねる人すらいない例も数も多いという。
漁業の町農業も盛んで美味しいものがいっぱいあって、自然に恵まれ観光の町でも
あった美しい風光明媚な地だった。30年以上になるかな、友人と松島とか今は亡き
父と陸中のスケッチ旅行とか行きました。めったに旅行などしないわたしにすれば大事な
思い出の地でもあった。今回の地震と津波は3月11日午後2時46分、何の前触れ
もなく青森岩手宮城福島茨城千葉と東日本の太平洋側の人も家も職場も役所も商店の
すべてを揺さぶったうえに根こそぎと言っていいほどに海にひっさらってしまった。こ
れほどの凄まじい光景は1000年に一度あるかないかというけれど、この震災にあっ
てしまった方と免れた人間とでは天と地ほどにも違いこそすれ今の時代に生きるもの
もの同士としてわたしたちは共に乗り越えらのか、わたしたちにもかせられた大きな
課題だと思う。ともあれ自然の恐ろしさをまざまざと見せ付けられた思いだ。
           

海に向かって“お母さん、お母さん”と泣きながら呼ぶ声女の子、"皆いなくなってわたし
一人になってしまった”と50代の女の人の号泣が耳から離れない20113111

                             立ち上がるお母さんたち


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

東日本大震災避難生活への焚き火のアドバイスとおき火の利用

       薪を燃やして陶器をやいていますので避難生活されている方々

       の焚き火やおき火や炭の利用、暖をとる参考になればとおもい

       ブログに掲載しました

    焚き火

   燃やす木材の長いもの、または生木は広い場所で強めの火力で中間を

   火に乗せて燃え切らせます。それをまた中間から燃やします。そうやって

   長さを短くしながら燃やして短くすれば道具は要りません。生木も水分が

   ぬけ燃えやすくなります。短くなったものは使いやすくなります。

                                  Photo

          生の長い丸太の中央を火の中に入れて燃えきれたところ。

          左の細くて短い枝はつぎの焚き付けやちょろちょろ焚きに

          使えます。ストーブの灯油タンクの上部を切って利用したもの

          です。

  野外で焚き火で暖をとるとき外側を囲えば熱がたまりそれだけ暖かくなります。

    おき火(炭)でできること

   燃えてできるおき火(燃えて、熱で赤くなった炭火)をとりだして、石油缶

   (20リッター位)を半分切り取った大きさのものか寸胴なべ等が適当です

   が、それにおき火を入れる。

             Photo_2                     

                 これはコンロ変わりに 高さ 24径25cmのステンレスなべを使用。

        中に重石のブロック片を入れて安定良くします。

    おき火になれば煙は出なくなりますので下にブロックか燃えないものを敷くと室

    内でも暖はとれます。

              Photo_3

      

        寸胴なべに灰を敷きその上にオキ火で火をおこします。灰が

        なければ焚き火の火を入れればそのうちに灰がたまります。

        火力を挙げたいときは20センチほどの煙突を立てます。煙突

        は空き缶やトタンを筒状に丸めても使えます。

     焚き火でできた灰も入れると下に熱が逃げません。おき火に焼き網を

     乗せれば餅、パンなども焼いたり温めたりもできます。

            Photo_4

      注意 に通気の穴は要りません。狭い室内では換気と火の用心

       に充分気をつけてください

    消し炭の利用

   おき火を燃やさないで炭として利用すれば消臭剤になります。トイレの周りに置

   くとにおい消しになります。多ければ効果も大です。火をおこすときには簡単

   に火がつきます。

   なお杉材のオキ火は早く火を起こしたいときに、長く火を長持ちさせたいときは

   クヌギなど堅き材のオキを使用すれば効率的です。それに火の回りを灰で覆え

   ばより長く維持できます。

    ペットボトル湯たんぽ

   2リッターのペットボトルの湯たんぽはバスタオルで包んで我家では冬中利用してます。

    結構暖かいです。ただしペットボトルも熱湯を入れるとゆがむのもあるので要注

    意です。包むのに布がなければ新聞紙で包んでもいいと思います。約6時間は

    持ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

鎮魂

                こねこのフーちゃんとシラサギ

       5jpg

              

                                                                       おしまい。

                    rock    scissors    paper

   

   鎮魂

   “2011年3月11日午後2時48分”一瞬に何万の人たちの阿鼻叫喚

   のなか歴史に刻まれてしまったこの日。自然の凄まじまでの力の前で

   人は余りにもひ弱でなすすべもないことを思い知らされのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

こねことシラサギ 4 とネコ親父と町の近況

こねことシラサキ(゙短いお話)

         Photo_2

     

                    chickchickchick      

  お天気だとポカポカ春の日差しなんだけど朝夕の冷え込みは半端じゃなく寒い

  ネコ親父は今はずいぶんと良くはなったと言ってるがいまだに鼻ズルズル親父。

  テイシュを丸めて鼻栓をしている

                       

                  Cocolog_oekaki_2011_03_10_14_31

                      

  いつからか町に不審火が頻々に発生し毎日のように消防のサイレンが聞こえる

  今のところ枯れ草が燃えるにとどまっているけれど毎日午前午後の2回有線放送

  で注意を喚起している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

こねこのフーちゃんとシラサギ、(短いおはなし)

        こねこのふーちゃん

       

Jpg

        日差しは明るい春の光にみちているけれど空気は体が凍るような

        冬の寒さ。3月初旬。北アフリカ中東の情勢をうけて3月から値上げ

        ラッシュだという。石油、コーヒー、小麦、ハウス野菜。4月から電気ガス。、

        世界情勢以上に投資ゲームが横行しているのでは、多分こっちの

        ほうが大きく影響しているとおもう。北アフリカ中東をチャンスと捕

        らえているはげたかはいる。

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

こねこのフーちゃんとシラサギ

            こねこのフーちゃん

         Photo_2   

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

こねことシラサギNO

        こねことシラサギの短い話

Photo_2

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

Photo

      びみょうな緊張関係の大サギとネコのプー、プーは一度池に飛び込んで

      懲りた経験の持ちぬし。このさきの関係を漫画タッチで想像すると

      結構面白いかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »