« 命と暮らしをを守る日本共産党の果たす役割は大きいな | トップページ | 再度津波がきたら »

2011年4月17日 (日)

被災地に2階建て仮設住宅

   10日ほどまえから廃材をかき集めて仕事場の一角、風呂場の向かいにサウナ風呂
   を作って昨日大方完成させたネコ親父、昨夜入ってみて気がついたのか“こりゃ水
   がなくても体が温まって被災地向けだなぁ”

   今仮設住宅を作っていて30何所帯はいたとかニュースでいっているけれどどれも平
   屋作り。一個一個風呂場があり台所があっていいけれど何かおなじ被災者同士
   生活の中にコミュニケーションの場があっていいのじゃないかな。多分こころの奥にあっ
   てジッと耐えている悲しみや不安苛立ちから来るであろう孤立観とか孤独感をコミ
   ュニケーションで和らげる効果があるんじゃないかな・・・と思うそれには共同風呂とか
   大食堂とかあってもいいじゃナかな、それに同じ作るなら平屋より2階建てのほう
   が早く仮設住宅もできる。土地問題からも2階建てが良いと思う
  
   
   

|

« 命と暮らしをを守る日本共産党の果たす役割は大きいな | トップページ | 再度津波がきたら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529294/51417624

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地に2階建て仮設住宅:

« 命と暮らしをを守る日本共産党の果たす役割は大きいな | トップページ | 再度津波がきたら »