« 原発事故の責任の大半は長年の推進政策を進めてきた東電と自公政権にあると思うにあり | トップページ | 十何日も早い梅雨入り »

2011年5月28日 (土)

胡散臭い彼ら

2011

巣についたアオバズク  フォトネコ親父

今年の終わりに我が町の選挙がある。で共産党の市原町議は今町民アンケートを配り要

求を聞いている。やはり原発事故で不安を持っている声が多いという。わたしはまだ出

していないけれどやはりまず放射能計測器を町独自で設置してもらいたい、ということ

とハザードマップの見直しを書くつもり。近隣の町ではすでに設置しているところもあるらし

いけれど、残念ながらわが町では国や県の言いなりだから・・・


                 art

管首相が留守中に管おろしがワサワサと動いているとのTV報道だけど、復旧復興が

遅れている原発事故の対応の拙さ。

なにもかも能力もなしリーダーシップもない、だから一日も早く降りたほうが日本のためと

いうのが言い分。確かに震災からソロソロ3カッ月、いまだにパンとおにぎりだったのがやっ

とお弁当になった、仮設住宅もまだ、という避難所があり限界だという声があるのは確か。

だけど管おろしで右往左往している連中も・・・胡散臭い

おろして一体誰をトップにするのか、誰がなってもいい、管以外ならということなのか。

土建建設業界電力業界自動車機械産業土地開発、農漁業水産加工金融

あらゆる業界産業が大きな国家予算の元、復旧復興に向けて動き出すのをただじーっ

と指を銜えている自公じゃないから、昔の夢よもう一度。そう勘ぐって見たくなる。

|

« 原発事故の責任の大半は長年の推進政策を進めてきた東電と自公政権にあると思うにあり | トップページ | 十何日も早い梅雨入り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529294/51788987

この記事へのトラックバック一覧です: 胡散臭い彼ら:

« 原発事故の責任の大半は長年の推進政策を進めてきた東電と自公政権にあると思うにあり | トップページ | 十何日も早い梅雨入り »