« 深刻な事態(なんじゃないのか・・)本当はどうなの | トップページ | 原発事故の責任の大半は長年の推進政策を進めてきた東電と自公政権にあると思うにあり »

2011年5月18日 (水)

Photo


                       フォトネコ親父

土鍋やポットが今売れているそうだ。停電や節電にと買い求めているんだって。

我家は田舎にあって庭樹の枝打ちしたものとか山掃除で出た樹とかが熱源に

なっているし勿論御飯焚きは土鍋、料理も炭とか薪ストーブ、お湯も七輪で沸かし

ポット使用、だから今夏の節電は充分クリアーしていると思う。もっともド貧乏だから

震災まえからケチケチ生活なのだけれど、オール電化なんて停電になったり

災害時になったら悲惨だぜってなことで結構この生活が我々には合っている

とおもっている。田舎でもいまどきわたしらのような生活している家はないよう

で、近状の人がたまにきて見てびっくりして、わぁ懐かしい、なんていっていく。

いまどきの田舎は家の中も外も都会と大して変わらない。入り口に土間が

あって煮炊きの竃、炊事場、まき置き場があって、畑から帰ってきてそのまま

食事の準備をするなんて光景はすっかり姿を消した。玄関で靴を脱ぎドアー

の向こうにリビングルームがあって水洗トイレ、エアコンがあり、庭木を切りコンクリートで固めて

しまう家もある。電気、ガス、灯油、ガソリンの生活は都会と同じ。川辺はコンクリート

で固められて川というより用水路化し水は家庭用水やゴルフ場の芝生の農薬で汚れ

蛍は消えた。山のクヌギナラにかわって木材として植え替えられたはずの杉はほって

おかれている。

|

« 深刻な事態(なんじゃないのか・・)本当はどうなの | トップページ | 原発事故の責任の大半は長年の推進政策を進めてきた東電と自公政権にあると思うにあり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529294/51703818

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 深刻な事態(なんじゃないのか・・)本当はどうなの | トップページ | 原発事故の責任の大半は長年の推進政策を進めてきた東電と自公政権にあると思うにあり »