« | トップページ | 胡散臭い彼ら »

2011年5月22日 (日)

原発事故の責任の大半は長年の推進政策を進めてきた東電と自公政権にあると思うにあり

2_2


風薫る5月 ,新緑の樹木から漂う香り。毎年繰り返されてきた

自然からの素晴らしい贈り物だったのに


今年からは不安とおびえの中でこの大好きだった季節を迎えることになるのか>

                    snail

震災、原発事故を境に大きく大きくエネルギー政策を転換させるのはもう明らかだし、

原発推進してきた前政権党の自民公明と経済界知識人マスコミがなんとしても管を

おろしたいと画策もがいているのが今の日本のごたごた原因の一つと思う。要は

エネルギー政策をはさんで天下分け目の勢力争いと見える。.まあいろいろあるけれど

原発見直しを表明している管首相にたいして推進側の巻き返しなんだろう

震災での遅れと原発事故の責任は管首相にあり、それに対して何にもしていない

彼には能力がないから即刻やめるべし、とサル議長が言っていたが彼は元自民党員、

彼に議長という役職にありながらそう言わしめるところに原発推進側の焦り

が見える。また福島選出の参院議員の佐藤何がしの先週金曜日の国会質問も明ら

かに管イメージダウン管おろしの動きの一つと見える。”原発事故の責任が管さん貴方に

あるんだ”をなんかい言ったか。東電お抱え議員の顔なんだろうね。管の責任を言うま

えに長年推進してきた自公政権の責任が大きく追求されてしかるべきだと思うしほと

んど大半だと思う。管をおろして誰がやるのかどういう点をどうやるのかまるっきり

彼らにないじゃないの。責任もとれないどころか感じさえしない破廉恥鈍感なかれら

になにができるの

とにかく浜松原発も廃炉にすべきだけれどとにかく安全を確認できるまでとめる、

エネルギー政策の見直しをする、このことを首相権限で言ったのか、どんな手順を踏んで

表明したかはわたしには分からないけれど国民の安全安心のために表明したことに

わたしは支持をする。


|

« | トップページ | 胡散臭い彼ら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529294/51736184

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故の責任の大半は長年の推進政策を進めてきた東電と自公政権にあると思うにあり:

« | トップページ | 胡散臭い彼ら »