« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

窯だし

20122_002                 窯だし     フォトネコ親父

午後窯をあける。上段においたぜーゲル7番は様相どおり完倒してました。あと10時間

焚き続けて自然釉がとりたかったとネコ親父の一言感想。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

久々の窯焚き終了

20122_1300020                                   窯焚き1280度超え最終章                   フォトネコ親父

昨夜9時30分終了。多分午後4時前には最上段の3段目の右に位置したぜーゲル

コーン7番完倒を確認。パン、ド、ナルの坂本氏8時半ごろ来工房.。1時間近く談笑

、楽しい時間をすごす。9時半窯焚き終了。久々の窯焚きで天気も初日は冷たい

雨だったが後半曇りでも雨は上がりまあまあの天候だったかな。窯詰めのバラン

スが効を奏したのか温度の上がりがスムーズで蒔きの消費が少なくて終わった

感じがする。でもこのことが作品にどう現れるのかは別問題であけてみなければ

分からない。

ネコ親父も私も高齢者で今後の窯焚きをどう続けていくかを話し合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

窯焚き

20122_002                焚き口       フォトネコ親父

久々の窯焚き。しばらく時間をあけたのでバランスをとりながらの 窯詰めに苦労

したとネコ親父の弁。今朝5時に火入れして7時間経過の画像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

フキノトウ

Photo                                          フキノトウ     フォトネコ親父

ことしはやっぱり寒い。例年よりフキノトウの出が悪い。冷たい風をよけて

よくひがあたる場所のものは直売場で先月から見かけてはいたが我が家

のものは少し前からでてはいたものもあっただろうけれど気がついたと言

おうか意識して確認したと言おうか昨日がお初なのだ。寒い日が続いてい

るけれど季節は少しずつ少しずつ春に近づいているとフキノトウは教えて

くれる。

      Photo_2                              ふき味噌 

 フキノトウの出始めの頃にぐうんと冷えて霜が降りたり雪が降ったりする

時期は芯が痛んでいるのが多い。 茹でると周りの葉は明るいきれいな緑

色をしているのにもかかわらず芯は黒ずんでいて食べられない。

 採取したときは緑色で痛んでいないように見えても湯でて見ると黒変して

いる。 だからそんな時期には湯でて甘味噌を絡めただけのふき味噌を

料理して食するようにしている。 春の陽気が続く頃に天麩羅を楽しんでいる。

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

白い朝

Photo                  寒くないのかな    フォトネコ親父

昨日の朝起きたら外は真っ白。びっくり。トラオちゃんとシロちゃん寒くないのかな

  Photo_2               雪の中           フォトネコ親父

    ねーこは炬燵で丸くなる、って言うのは本とかな。

  今月中に窯焚き。2年ほど前に以来されていたもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

もう2月

4                                       プッチー        フォトネコ親父

もう2月。今日も寒い。新聞の一面に新潟妙高市の平丸地区と言う地名の写真が掲載

されていたけれどすっぽり雪で埋まってしまって高齢の女の人が一人雪かきしている。

アフリカのどこやらに自衛隊が行くそうだが其れよりも自国の国民が苦しんでいるところに

どんどん助けに行ってほしいもんだ。

                      xxxxxxxxx

東電福島原発事故以来時々テレビで3拝見していた野口邦和さん、放射線防護学

の先生もアカハタ40年来の読者でいらっしゃるそうで、重要な問題での情報の多さを

指摘されている。(アカハタ創刊84年の シリーズで”私とアカハタ”で)。確かにそうだな

思う。今週の日曜版”シリーズ現場から考えるTPP”米国がねっらう危険なメニュー

。遺伝子組み換え食品で成長速度が2倍のスピードで成長する遺伝子組み換えサケが

アメリカで許可目前だそうだが、日本ではとうもろこしや大豆食品に表示義務があるもの

も含めて貿易障壁になるから取り除けと迫ってくる、その可能性は取り除けない

と外務省も認めている、そうだ。殺虫剤のマラチオンは日本0.5PPMに対して

アメリカ16倍の8PPM。防カビ剤イマザリル(輸入オレンジ、グレープフルーツ

などに使用)表示義務が非表示になるとある。食の安全は即健康につながりる。

TPPで日本の食料はまもれるのか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »