2009年1月10日 (土)

車両火災を目撃、路面凍結の朝

夜明け前6時半頃国道128号線をネコ親父とわたくしドングリオバァの二人が一の宮川にかかる橋の手前を左折しようとした、そのときに橋方向に異様な黒煙と真っ赤な炎が見えた。あれ!今頃あんなところで何で火もしかな、おかしいな、工事中だから関係者が寒くて焚Photo き火でもしているのか、と一瞬思いながら左折して4~5メートル行きかけた。だがやはり変だと言うことでネコ親父は車を止めてカメラを手に橋の方へ小走りに見に行った。そこで目にしたものは何が燃えているのかさえ分からないくらいすさまじい勢いので炎と黒煙。事故の関係かどうかは分からないがその近くに3台の車と3~4人の人影だった。すぐ後に消防車と救急車が駆けつけ消火に当たり鎮火。幸いけが人は居なかったようだ。

昨日は一日中雨で夜は雨の量も多かったように思う。それに気温がぐぅーんと冷え込んだ。我々が出かける6時頃は車もバリバリに凍ってドアが開かず風呂のお湯を掛けて開けねばならず雪国育ちのネコ親父は慎重にゆっくり走行ででかけたのだ。この橋はいくらか坂になって居るから凍った路面は一層危険な状態だったんじゃないかな。

今日は一日寒い日だった。明日は成人の日。明日もこの寒さは続くらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)